FC2ブログ

 

名作文学いらっしゃいまし
日本の名作文学を楽しむブログです。                                                                                                                                    お江戸本と美術本のレビューも増殖中。
http://willowsgreen.blog.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
書評を始めるとき、ずいぶん悩みました。
「だ・である」調と「ですます」調、どちらにするのか。

最初、いくつか両方書きました。くらべてみて「引き締まった印象になる」「字数が少なくて済む」というメリットをとって「だ・である」調を採用しましたが……今も書くたびに悩んでいます。
文章が硬くなりすぎるなあ、とか、ちょっとエラそうじゃない? と思うことが、ままあります。

ビーケーワンに投稿してらっしゃる他の方の書評を見ても、それぞれで特にルールはないみたいですね。
書評の「未読の方に本の魅力を伝える」という性格を考えると「ですます」調の方がいいのかなあ。
う~む、「ですます」調は語尾が単調になるのが、どうもね……。
本の内容によって変えるのもアリかな~?

ビーケーワンの常連さん、鉄人の方の書評を拝見すると「だ・である」調でも柔らかい印象をかもし出す文章もあるし、「ですます」調でも単調じゃないリズム感あふれるステキな文章もあります。
結局、「文章力」ですかね。

……悩みは尽きません。




スポンサーサイト
 
 

Comment


非公開コメント

ただいま更新を休止しております。
ご用の方はこちらまでどうぞ。
お名前と件名を明記くださいますようお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

導在 あわい

Author:導在 あわい
ドーザイ アワイ と申します。
ワケあって時間がたっぷり。いつかは読みたいと願っていた名作の数々…いますぐ、読むことにしました!
名作以外もどしどし読む予定。
楽しい読書録を目指します。

日本の名作 (20)
古典 (3)
明治の名作 (5)
大正の名作 (3)
昭和の名作 (8)
平成の名作 (1)
一般書 (40)
美術 (10)
歴史 (19)
文章修業 (2)
名作のほとり (3)
そのほか (6)
文学の旅 (2)
博物館&美術館 (7)
栞を挟んだら*読書小話 (20)
日本の名作 リスト (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)


TRCブックポータルに書評を投稿しています(2013.01~)。
ハンドルネームは*導在あわい*です。
「TRCブックポータル」は2016.03をもって運営終了されました。

******************************



また、2012.12までの書評は書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】(旧;オンライン書店ビーケーワン)でも閲覧可能です。
当時のハンドルネームは*辰巳屋カルダモン*です。
     ******************************

tetu_bn_232.jpg
書評の鉄人*に選ばれました。
bk1-00232(2011.08.19付)
* 第297回 書評の鉄人列伝 で紹介されました(2011.09.30付)。

自分なりのルールを考えました。
こちらをご覧ください!


このブログをリンクに追加する

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 名作文学いらっしゃいまし, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。