FC2ブログ

 

名作文学いらっしゃいまし
日本の名作文学を楽しむブログです。                                                                                                                                    お江戸本と美術本のレビューも増殖中。
http://willowsgreen.blog.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
旗本・川路家の人びと
(平凡社・2001.05)

ちょっと書評をお休みしようかという記事を書きましたが、結局、たいして休みもせずにビーケーワンに書評を投稿しています。
「ですます調」でしばらくやってみることにしました。
フィットしなかったら、また戻すかもしれません。

自分のペースで、のんびり書評ライフを続けていきます。

で、この本は、ま~た江戸本です。離れられない……。まあ、いいか。
ちょっと「えっ?」と思うタイトルですが、内容はとっても愉快。
読む前は、かろうじて名前を聞いたことがあった程度の「川路聖謨」でしたが、すっかりファンになりました♪

以下、ビーケーワンに投稿した書評です。


 奇人、と聞くとアブノーマルで、かなりアブナイ人のイメージが浮かぶ。
だが、この本に登場する江戸の奇人たちは、ちょっとヘンテコな、でも愛すべき人々、といったところの意味合いだ。

 今に残る、当時の日記や手紙類から、奇人さんの面白エピソードをご紹介、という趣旨の本書。
記録マニアの旗本や親孝行なお姫様の話題も登場するが、途中からは川路左衛門尉聖謨(かわじさえもんのじょうとしあきら)の日記の紹介がメインとなる。
著者いわく「川路の日記が面白すぎたから……」だそう。

 本書の主人公(?)川路聖謨は、幕末期の代表的な能吏幕臣として、立派な業績を残している。
努力を重ね、低い身分から華々しい出世をとげた例、としてもよく取り上げられる。
新政府軍による江戸総攻撃(予定)の前日に、ピストル自殺を遂げるという衝撃的な最後だった。

 そんな「硬派」なイメージの川路が、こんなに愉快な日記を残していたとは!
特に奈良奉行時代の日記(『寧府紀事』)は、面白い!
日記の大部分は離れて暮らす江戸の母親にあてた手紙として書かれたものだそう。
母親を楽しませようと、とりわけ面白く書いたのだということだが……確かに面白すぎる!

 その内容は、家臣やその家族とのほのぼのとした日常の風景、賢妻を悩ます「げろげろ&ごろごろ」という不思議な病、息子や娘の不出来を嘆いたり、一方では孫を溺愛したり。
最も印象的なのは、用人の幼い娘、おえいちゃんの活躍だ。著者は「抱腹絶倒少女」と表現している!

 家族の結びつきの強さ、長年連れ添った夫婦の会話の絶妙な機微、揺れ動く親ごころ、父母への感謝、等が司馬遼太郎氏も絶賛したという卓越した文章力で綴られる川路の日記。本書は、当時の風俗や幕府の事情などの解説を織り交ぜながら、わかりやすく語りかけてくれる。

 気になるのは、川路の日記の面白さで紙面がなくなり、カットされたであろう、ほかの奇人さんたちのこと。
『江戸奇人伝』続編をぜひお願いしたい。

(ビーケーワン投稿 2012.02.21 836字)


雑誌連載をまとめた本だとのことですが、お客さんを前に講じているような(ちょっとオネエキャラっぽい?)不思議な語り口で進みます。

死別以外の離婚がけっこう多かったこと(川路は四回結婚)、武家の女性も意外と元気で夫にもの申していたこと、江戸時代の奈良の人々は昼寝がお好きだったこと、など様々な発見がありました。

面白いことがあると「みなみな絶倒せし」とよく出てくるのは、昔、流行ったギャグ漫画の「ドテッ」を連想させます。なつかしい。

「わたしは手も目もこんなに達者でしっかりしています!」と母上に見せるため、わざわざお酒を飲んだあとに細かいケみたいな字でぎっしり書いた手紙を送るとしあきらさん……。子供かいっ?

歴史の本だからな、と思って電車の中でうっかり読んだりしてはいけません。
吹き出してしまいます。危険です。




スポンサーサイト
 
 

Comment

 

Re: ^o^

りえびさん、コメントありがとうございます!

コメント返信がたいへん遅くなり申し訳ありません(汗)。

『江戸奇人伝』読んでくださったのね!
……手に取るのに勇気がいりませんでしたか?
面白いよね!「川路聖謨と愉快な仲間たち」
別の本で川路聖謨の写真を見たのですが、いかにも堅物!って印象のオジサン。
見た目じゃわかりませんね。

おお、『武士の家計簿』はまだ読んでいないし、観てないのです。
メジャーすぎて、逆に手が出ず……だったのですが、チャレンジしてみようかな♪

また、お越しくださいませ。

名前:導在 あわい | 2012.04.19(木) 09:49 | URL | [Edit]

 

^o^

読んでみたよ。おもしろかった。
丁度、武士の家計簿を見た後だったので、興味深々。
作者が目の前で語ってくれてるような文章が読みやすかったです。
突っ込みどころ満載なんだけど、「違うやろ」じゃなくて、「なんでやねん」みたいな。生真面目な人が面白いのって、いいよね~

名前:りえび | 2012.04.15(日) 11:49 | URL | [Edit]


非公開コメント

ただいま更新を休止しております。
ご用の方はこちらまでどうぞ。
お名前と件名を明記くださいますようお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

導在 あわい

Author:導在 あわい
ドーザイ アワイ と申します。
ワケあって時間がたっぷり。いつかは読みたいと願っていた名作の数々…いますぐ、読むことにしました!
名作以外もどしどし読む予定。
楽しい読書録を目指します。

日本の名作 (20)
古典 (3)
明治の名作 (5)
大正の名作 (3)
昭和の名作 (8)
平成の名作 (1)
一般書 (40)
美術 (10)
歴史 (19)
文章修業 (2)
名作のほとり (3)
そのほか (6)
文学の旅 (2)
博物館&美術館 (7)
栞を挟んだら*読書小話 (20)
日本の名作 リスト (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)


TRCブックポータルに書評を投稿しています(2013.01~)。
ハンドルネームは*導在あわい*です。
「TRCブックポータル」は2016.03をもって運営終了されました。

******************************



また、2012.12までの書評は書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】(旧;オンライン書店ビーケーワン)でも閲覧可能です。
当時のハンドルネームは*辰巳屋カルダモン*です。
     ******************************

tetu_bn_232.jpg
書評の鉄人*に選ばれました。
bk1-00232(2011.08.19付)
* 第297回 書評の鉄人列伝 で紹介されました(2011.09.30付)。

自分なりのルールを考えました。
こちらをご覧ください!


このブログをリンクに追加する

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 名作文学いらっしゃいまし, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。