FC2ブログ

 

名作文学いらっしゃいまし
日本の名作文学を楽しむブログです。                                                                                                                                    お江戸本と美術本のレビューも増殖中。
http://willowsgreen.blog.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

山椒大夫・高瀬舟・阿部一族 (角川文庫)山椒大夫・高瀬舟・阿部一族 (角川文庫)
(2012/06/22)
森 鴎外

商品詳細を見る


書評復帰 第一作!は、初心に帰って名作文学の王道を選びました。

わたしが手にしたのは角川文庫の『山椒大夫・高瀬舟・阿部一族』です。
昨夏の文庫フェアで、鮮やかな手ぬぐいの和模様のカバーが書店で目立っていました。

『山椒大夫』は、子供用に平易に直した本を小学生のころに読みました。
子供向けの古今東西名作全集みたいなのの中の一冊でしたね。
今もあるのかな?そういうの。
タイトルは『安寿(あんじゅ)と厨子王(ずしおう)』でした。
表紙の色やイラスト、挿絵とか、よ~く、覚えています。

なぜそんなに記憶が鮮明なのかというと…?
「なんで、弟のために姉が死ななくちゃいけないのっ
と、当時のワタシは激しく憤慨し、強い印象が残ったもので。(弟がふたりいる長女です)
愚かすぎて涙が出そう…。

それ以来ですから、今回は再読…ではなくて、初読になるのかな?
鷗外の作品そのものを読むのは初めてなので。

TRCブックポータルに投稿したブックレビューです。


文豪・森鴎外の代表作『山椒大夫』が執筆されたのは大正4年(1915)、今から一世紀近く前です。
中世の語り物である説教節『さんせう大夫』がもとになってはいますが、著者が肉づけし作り上げた短編小説です。

消息を絶った父親の行方を尋ねて、14歳の安寿と12歳の厨子王は母親と旅に出ます。
道中、人買いに捕われた姉弟は、母親と生き別れとなり、山椒大夫のもとに売られて、働くことになります。

疲れを知られまいと快活に歩く安寿の姿、橋のたもとで野宿せざるをえない状況さえ面白がる厨子王の少年らしいしぐさ、妙に親切な船頭(実は人買い)を怪しみつつも断りきれない母親の揺れる心のうち、など、丁寧で行き届いた描写が穏やかな美しいことばで語られ、安心感を持って読み進めることができます。

ある夜、逃げ出す相談を聞かれて咎められ、不安な心持ちで床についたふたりは、ひどい折檻を受ける夢を同時にみます。
そして、この出来事以後、物語も著者の語り口も急転回します。

「日の暮に帰ると、これまでは弟の山から帰るのを待ち受けて、長い話をしたのに、今はこんな時にも詞(ことば)少にしている。(中略)厨子王は互いに慰めもし、慰められもした一人の姉が、変った様子をするのを見て、際限なくつらく思う心を、誰に打ち明けて話すこともできない」(31頁)

安寿が物を言わなくなったと同時に、著者も語らなくなります。これまでのような詳しい描写がほとんど見当たらなくなってしまいます。
厨子王の寄る辺ない孤独感、置き去りにされたような不安感は、そのまま読者のものとなります。

その後、安寿に諭された厨子王は、ひとり山椒大夫のもとを逃れ、都に出て立身します。
このあたりになると、事実だけが淡々と連なるのみで、もはや著者は物語の進行に興味を失ったかのようでさえあります。
感動的な結末さえ、あまりにそっけなく、読後もいぶかしい思いがもやもやと残ります。

著者が語らなかった、抜け落ちている箇所を、どうしても考えずにはいられません。

「姉えさんのきょう仰ゃる事は、まるで神様か仏様が仰ゃるようです。わたしは考を極めました。なんでも姉えさんの仰ゃる通にします」(40頁)

安寿はもう子供ではありませんでした。しかし、まだ大人でもありません。
大人になりかかっている少女の心は、激しいほどに純粋で一途です。
神か仏が宿るように見えた瞬間があってもおかしくありません。

自分たちをこのような過酷な運命たらしめた罪深い大人たち、人買いや山椒大夫とその家族、奴頭たちへの憎悪が安寿のなかに音もなく静かに広がっていったのではないでしょうか。もしかしたら、女子供だけで無謀な旅に出た母親や、何よりその元凶を作った父親への複雑な思いもあったかもしれません。
また、自分が犠牲になることで弟を救け、あまつさえ家族の名誉も挽回するのだと、悲劇のヒロインになる自分に恍惚としたかもしれません。

春先のまだ冷たい沼の水が素足を刺しても、水を飲んで苦しみ意識を失いかけた瞬間も、安寿の強い気持ちはびくともしなかったのです。
どのような思いを秘めていたにせよ、その行為の尊さは変わりません。
安寿は大人になることを拒否することで、運命に復讐を果たしたのではないでしょうか。

断片的な事実からあれこれ思いをめぐらせて推理する、これは答のないミステリー小説のようなものです。
読み終えた時点がスタートです。
このような豊かな読書の喜びを与えてくれる本書は、まさに「名作」と言えるでしょう。

(2013.01.22投稿 1465字)


「どこまで深読みできるか、挑戦!」みたいなレビューになってしまいました。
もっと素直になろうよ、ワタシ。

最初に子供向け山椒大夫を読んだことを書きましたが、一番心に残っていたのは「安寿の履物だけが沼のほとりに残っている挿絵」でした。
このレビューが、履物の傍に供えるお花の代わりになれたらいいなと思います。

レビューとブログを書いている間、頭の中で谷山浩子『冷たい水の中をきみと歩いていく』(1990.02)が大音量で流れてました。
って、誰も知らないか…。

↓ブログのランキングに参加しています↓
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 

 
スポンサーサイト
菊池 寛『藤十郎の恋・忠直卿行状記』(小学館文庫・2000.04)

大正期に発表された短編三編、戯曲三編から成る作品集です。

菊池寛の小説、戯曲は何度も映画、テレビドラマ、舞台化されています。大人気。
最近ではお昼のテレビドラマ『真珠夫人』が話題になりましたね。
そういうわけで話は知っているけど原作は読んだことがない、というパターンの作家ではないでしょうか。
わたしも初めて読みます!戯曲って…シナリオのことなのですね、何だか新鮮です。

以下、ビーケーワンに投稿した書評です。


 歴史上の人物や事件に題材をとった小説や戯曲はたくさんある。その創作世界の方が世に知れて、後世にあたかも史実のごとく伝えられることもある。歌舞伎の忠臣蔵や勧進帳がそうだろう。表題作『忠直卿行状記』もそのひとつだ。

 越前福井67万石の藩主、松平忠直は徳川家康の次男、秀康の息子。素晴らしい血筋だ。大阪夏の陣の活躍で、祖父、家康から褒美に名物の茶入を与えられた。だが、その後次第に乱行が噂されるようになり、31歳のとき幕府から豊後に追放され56歳で没するまでの後半生をその地で終えた。
 こうした断片的な記録をもとに著者は、「これこそが史実だ」と読者が納得し錯覚する傑作を作り上げた。
生まれながらの権力者ゆえの孤独に苦悩する青年君主、その心の動きが緻密に描かれる。

「それは、確かに激怒に近い感情であった。しかし、心の中で有り余った力が、外にハミ出したような激怒とは、全く違ったものであった。その激怒は外面は、旺んに燃え狂っているものの、中核のところには癒しがたい淋しさの空虚が、忽然と作られている激怒であった」
折々、このように詳しすぎるほどの心理描写が入る。理路整然、実に現代的感覚の心模様だ。

 権力者は孤独だといわれる。「権力」という絶対的な力を手にしているのだから「孤独」に耐えるくらいのことは当然だ、とする雰囲気もある。本当にそうなのだろうか。
 忠直卿が凡庸な君主なら適当に折り合いをつけて「孤独」と上手く付き合っていけたかもしれない。かなり優秀な人だったゆえにプライドがアダとなり悲劇は膨らんでいった。
人と人との付き合いがしたい、との切なる願い。しかし、ただ服従のみの家臣に思いは伝わらない。怒りに触れた家臣が切腹したと聞いても淋しく笑うばかりの忠直卿。
 これは遠い昔にいた非道なお殿様のお話ではなく、目の前の壁を打ち破ろうと奮闘するも果たし得ない悩める一青年の物語なのだ。

 かたや、もうひとつの表題作『藤十郎の恋』には心理描写がほとんどない。こちらは歌舞伎の戯曲なので、むしろ逆のように思われるのだが。両者の違いが興味深い。
著者は歌舞伎に造詣が深かったという。役者を信用してその演技にすべてをゆだねたのだろう。何とも頼りない読後感は、芝居を観て初めてひとつの作品として完結するらしい。実業家としても成功した、著者の「芸」の深さを感じる。

(2011.07.14 ビーケーワン投稿 985字)


(天の声)ドーザイよ、800字にまとめるルールは最近どうなっとるんじゃ?
(心の声)コレ、2作品入れてるから、ちょっとオーバーしたんですよ、『忠直卿』だけならイケたと思いますが…。

いや、どの作品も想定外の面白さでした。特に戯曲!ぜひ、舞台が観たくなりました!
巻末に付いている「写真で知る菊池寛の生涯」と「二代目澤村藤十郎氏のインタビュー(かな?)」が秀逸です。
菊池寛て、破天荒な人だったのですね!好きなことやっています。壮大なエネルギーだ。水着姿も披露。
文壇に、こういう人はもう出ないでしょうね…。




 
志賀直哉『小僧の神様 他十篇』(岩波書店・2002.10・初出1912~1920)
夫と近所を歩いていたら、アパートの通路の手すりに瓢箪(ひょうたん)がたくさん吊るされているのを見かけました。いまどき珍しい風景!
それを見た夫が『清兵衛と瓢箪』っていう小説が教科書に載ってたな、と言い出したのが今回この短編集を読んだきっかけです。

以下、ビーケーワンに投稿した書評です。


 明治45年(1912年)から大正9年(1920年)に発表された短編集だ。
ときに「小説の神様」が、まだ「新進作家」だったころである。
私小説・心境小説(自分を主人公に私生活をあからさまに描く)と客観小説(普通の創作)がほぼ半分ずつ。短編の代表作と言われるものがほぼ入っている。プロレタリア文学風あり、ユーモア時代小説ありと豊富なバラエティだ。

 他人の家の中を覗き見るようで好みではない、と思っていた私小説だが、今回読み直して案外と楽しめた。
例えば『好人物の夫婦』である。
旅行に出たがる夫とその間の女性関係を心配する妻、妊娠したらしい女中の相手が夫ではないかと疑う妻、そして、その妻の気持ちを思いやる夫。ほとんど夫婦の会話で進行する。
ひとつ間違えれば暗い悲劇に進みそうな題材だが、意外にも、ほんわりした結末になるところが面白い。

 『清兵衛と瓢箪』は三人称の客観小説だ。
著者と父親との確執がベースにあるらしいが、それは知らなくても(知らない方が?)楽しめる。
なぜか「瓢箪作り」という渋い趣味にハマった清兵衛少年は、勉学そっちのけでいくつも丹精するが父親は苦々しく見ている。授業中に瓢箪を磨いていたところを教師に見つかり、父親にもひどく叱られて、瓢箪趣味は続けられなくなる。教師は清兵衛の瓢箪を「捨てるように」学校の老小使にやるが、それを骨董屋が鑑定してみたら……。そして、清兵衛はもう瓢箪のことは忘れて、今は絵を描くのに夢中になっている……。
書かれていることは事実だけだが、行間や余白が雄弁に物語る。

 共通するのは、湿度の低いドライな短文でたたみかける作風と文法上の破綻がない整然としたところだ。
教科書や問題集、入試問題によく使われるのもうなずける。
文豪には嫌われるという記号類、( )や――、?、! が頻出するのは新鮮な印象だ。

 「行間を読む」ということばがあるが、志賀直哉の作品は誰もがほぼ間違いなく行間を読めるようになっている。だが、幾通りもの解釈が可能なわけではない。想像が無限に膨らむものでもない。深読みは受け付けない、解釈はいつもただひとつ、だからこそ試験問題になるのだろう。
そこがいいのか、悪いのか、現代の読者には悩ましい。

志賀直哉、サッパリとドライな小気味よさが、梅雨時や蒸し暑い夏場の読書に向いている、と言えようか。

(2011・06・28 ビーケーワン投稿 985字)


短編集全体(主に2作品に絞ってはいますが)の書評ということで、800字オーバーのまま投稿してしまいました。自分に甘いな!

志賀直哉、やっぱり文章のキレは素晴らしい!とあらためて感じ入りました。
ただ、書かれている内容は……(かなり)好き嫌いが別れるところでしょう。
女中さんの失態をネチネチ書いている一編は、ちょっとね、わたしも……イヤだった。
勤めたくないですね~、こういうご主人のいる家。

志賀直哉には『暗夜行路』という大作があるわけですが、読んだものか、ちょっと悩んでいます。
ほかの名作読みながら、ゆっくり考えましょうかね。




 

ただいま更新を休止しております。
ご用の方はこちらまでどうぞ。
お名前と件名を明記くださいますようお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

導在 あわい

Author:導在 あわい
ドーザイ アワイ と申します。
ワケあって時間がたっぷり。いつかは読みたいと願っていた名作の数々…いますぐ、読むことにしました!
名作以外もどしどし読む予定。
楽しい読書録を目指します。

日本の名作 (20)
古典 (3)
明治の名作 (5)
大正の名作 (3)
昭和の名作 (8)
平成の名作 (1)
一般書 (40)
美術 (10)
歴史 (19)
文章修業 (2)
名作のほとり (3)
そのほか (6)
文学の旅 (2)
博物館&美術館 (7)
栞を挟んだら*読書小話 (20)
日本の名作 リスト (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)


TRCブックポータルに書評を投稿しています(2013.01~)。
ハンドルネームは*導在あわい*です。
「TRCブックポータル」は2016.03をもって運営終了されました。

******************************



また、2012.12までの書評は書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】(旧;オンライン書店ビーケーワン)でも閲覧可能です。
当時のハンドルネームは*辰巳屋カルダモン*です。
     ******************************

tetu_bn_232.jpg
書評の鉄人*に選ばれました。
bk1-00232(2011.08.19付)
* 第297回 書評の鉄人列伝 で紹介されました(2011.09.30付)。

自分なりのルールを考えました。
こちらをご覧ください!


このブログをリンクに追加する

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 名作文学いらっしゃいまし, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。