FC2ブログ

 

名作文学いらっしゃいまし
日本の名作文学を楽しむブログです。                                                                                                                                    お江戸本と美術本のレビューも増殖中。
http://willowsgreen.blog.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

よみがえる天平文様よみがえる天平文様
(2012/12/10)
藤野 千代

商品詳細を見る


表紙を見たとたんに「うわあ~、なんてきれいっ」と声を上げてしまいました。
ウットリしつつ、次の瞬間「あれ?でも、こんな鮮やかで華やかな文様、正倉院御物にあったっけ?色落ちしたりサビたりして、ほとんど文様はわからなくなっちゃってるのばっかりのような…?」と疑問が。

この本に載っている文様はオリジナルなのか、そうではないのか?はたしてっ!?

TRCブックポータルに投稿したブックレビューです。


本書を手に取ると、まず表紙と裏表紙に広がる精緻で華やかな文様に目を奪われます。ですが、それは天平時代の文様そのものをそっくり再現したわけではありません。

約1300年を経た正倉院の宝物は、劣化し色があせ欠損しているものが多いため、「そのまま」では、文様そのものが持つ魅力を感じることは不可能なのです。
そこで、著者は、パソコンの画像処理ソフトを使って、ひとつひとつ文様を描き起こしました。「実物を忠実に再現したものもあれば、大幅にアレンジしたものもある」(7頁)という、斬新な試みがなされているのです。

例えるなら、ほんの一部が残っていた古い楽譜を想像力を駆使して一曲に復元し、今のリズムでアレンジを加え現代の楽器やコンピューター音声で演奏するようなことでしょうか。
本書で繰り広げられる文様の美の世界は、もちろん天平文様がベースではありますが、著者オリジナルの現代のアート作品であるとも言えます。清酒用パッケージをはじめ、食品、菓子、文具雑貨などにも採用されているそうです。

本書の構成は、正倉院の配置に従い、北倉、中倉、南倉に分類され、計185点もの文様デザインが収録されています。

北倉042平螺鈿背八角鏡(へいらでんはいのはっかくきょう)第13号では、双鳥を取り巻く花弁文様の色調を赤と青の2バージョンで展開し、並べて載せるという大胆かつユニークな表現がなされています。それぞれ違った美しさがあり、天平文様の懐の深さに感じ入ります。

中倉067銅薫炉(どうのくんろ)の連珠文様と三花弁の連続文様は、まるでステンドグラスのようです。著者も指摘していますが、ハートにしか見えない文様があり、何とも不思議な印象です。

南倉185夾纈羅幡残欠(きょうけちらのばんざんけつ)では、ひしめき合っていた唐花紋の左右のフチを一部カットし配置を見直すことで「絵柄の本来性を補足している」(188頁)と、ときには「引き算」が効果的なこともあるようで興味深いです。

文様にじっと目を凝らしていると、ある瞬間、まるで3D映像のように立体的に浮かび上がって見えました。はっとして、他の文様も確認してみると、立体性を意識した奥行のあるデザインが多いことに気がつきました。

博物館に足を運び、本物を目にすることは、とても大切です。しかし、経年劣化した、肉眼で確認することも難しい文様を、ガラスケース越しに見たのでは、この気づきはなかったでしょう。

「古代の職人の想いを汲む」ことを常に心掛けている、と著者は述べています。
彼らは自分たちの目で見た鳥や花、草木そのものを、その立体的なかたちを文様にしたかったのではないか。平らな面に立体を表現することを諦めずに挑戦し続けたのではないか。
美しい文様の中に込められた人の想いが、鮮やかに立ち上がるのを感じることができました。

(2013.01.31投稿 1183字)


「曼荼羅」(胎蔵界の方)をじいっと見ていると、ある瞬間、3Dに浮かび上がって見えてきます。
真ん中の大日如来がぐーんと持ちあがって、頂点に位置するピラミッド型を真上から見ている感覚になります。
本書の文様で、それと同じ体験をしました。
的外れな思い違いかもしれないけど、古代の職人さんたちが立体を目指していたのだと思いたい!です。

不思議なのは、どれも鮮やかで緻密な文様なのに、見ていると安らかな穏やかな気持ちになれること。
著者も「あとがき」で、「なんとなく気持ちが落ち着き軽く、そして時にはたのしくなる」と述べています。
同感です!天平文様の持つパワーなのでしょうかね?

今度、奈良に行ったら、天平文様が採用されているというグッズを探してみようっと♪
って、いつのことでしょうね…?(行きたいよ~って、前にも叫んでませんでした?ワタシ…)

↓ブログのランキングに参加しています↓
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 
 
スポンサーサイト
(ゆまに書房・2011.10)

少し古めの美術図録などを眺めていると、解説に「旧・益田コレクション」とか「旧・原家所蔵」とか、書いてあったりします。
これは何だろ?と思いつつ、ちゃんと調べることはありませんで。

この本を読んで、霧が晴れました!

以下、ビーケーワンに投稿した書評です。


 三溪園、五島美術館、三井記念美術館、大倉集古館、ブリヂストン美術館、出光美術館、大原美術館などなど。
国立・公立の博物館・美術館と並んで、私立美術館の果たす役割は大きい。
それぞれ特色あるコレクションでわたしたちを楽しませてくれる、私立美術館のほとんどは明治期の事業成功者たちの手になるものだ。貿易王、生糸王、鉄道王、石炭・エネルギー王……。
彼らはどのように事業に取り組み、成功をおさめ、巨万の富の使い道として美術コレクションを選んだのか。

 現在、よく知られる私立美術館・コレクションのほぼすべてを網羅しているため、ひとりひとりに割かれるページは少な目だ。本書をきっかけに「もっと知りたい」と思ったら、さらに詳しい専門書をあたれば良いだろう。

 明治期というと、外にばかり目が向き、日本の文化や美術には無関心な時代だったように思われる。
実際に、廃物希釈や武家の没落で、多くの貴重な美術品が失われ、あるいは海外流失した。
だが、留学生や使節団として訪欧・訪米した折りに、日本文化の素晴らしさに目覚めた人々もいた。
井上馨、そして三井物産の初代社長で「三井の大番頭」である益田孝がリーダー格となり日本美術コレクションの気運が高まったという。
企業メセナやフィランソロピー(社会的貢献)の意識をすでに彼らは持っていた。

 私立美術館のコレクションは、茶道具が中心であるケースが多い。
「商談策謀は茶室以外ではできない」
益田主催の茶会の招待状を手に入れるために、当時の財界人は右往左往したということだ。
意外にも、茶会と茶道具蒐集という共通項で彼らはみな、つながっていたのだ。

 蒐集以外に「芸術のパトロン」としての役割も見逃せない。
今も国立西洋美術館で重要な位置を占める松方コレクション、その松方幸次郎は草創期のロダンの最大のパトロンだと著者は指摘する。
松方が、当時、海軍の依頼を受けて美術蒐集を隠れ蓑にUボート設計図を手に入れた、というエピソードが面白い。
しかも海軍の機密費を、ちゃっかり買付に回していたとか……ナイスだ!

 本書を読んでいると「国が興るときに生まれる富」のケタはずれの莫大さ!にひたすら驚き、おののく。
対する現代、長引く不況・円高等で企業体力は落ち、私立美術館を取り巻く環境は厳しい。
バブル期には隆盛を極めた百貨店系の美術館は、ほとんど閉館してしまった。
著者は、美術品を守る方法として「個人美術館」「小さな美術館」を挙げる。
誰もがいつでも素晴らしい美術品を楽しめる環境が守られることを願って、なるべく多く美術館に足を運ぼうと思う。

(ビーケーワン投稿 2012.02.06 1089字)


「昨日の鈍翁(益田孝の号)さんの茶会…出られなかったけど、いったいどんな話があったんだろ?ソワソワ」
なんてことがあったんですね!
策謀うずまく茶席…お茶やお菓子の味もわかりゃしないわ…。

この本は優秀な私立美術館ガイドでもあります。
それぞれ個性あるコレクション、私立美術館めぐりがまた一段と楽しくなりそう。

それにしても、明治の大富豪の方々のお金の使いっぷりは潔い。
ほとんどの場合、ゼロ→巨万の富で、オーナー社長だからできたワザでしょうか。
もう、こういうことは今後、起きないでしょうね。
でも…どこかで、読みました。
国が興るとき以上の莫大な富が生まれるときがある、それは国が亡ぶときだそうです…。




 
(淡交社・2011.09)

海の正倉院(沖ノ島)から本家正倉院へ、見事につながりました!?

この書評のタイトルは「正倉院展の季節に」でした。
とっくに終わってしまった正倉院展ですが…今さらのアップ。

正倉院展の時期って、奈良をめぐるには最もよい季節ですよね!
(シカさんたちは怒りっぽくなっている気もしますが)
今年の目玉は「蘭奢待(黄熟香)」だったんですよね、多分。
毎年、正倉院展が近づいて目玉のお宝が披露されるころになると、「ああ、行きたいなあ~」と激しく旅愁がかきたてられます。
ついでにどこのお寺をまわって、なんて架空の旅程を組み立ててみたりしますが…なかなか。
前回、訪れたのは何年前だろう?ワカラナイほど前だわ。寂しい…。行きたい…。

以下、ビーケーワンに投稿した書評です。来年は行きたい…。



 正倉院はよくタイムカプセルに例えられる。
8世紀から大切に保管され伝えられてきた、正真正銘の「宝物」だ。
著者は宮内庁正倉院事務所長で、本書は月刊誌に連載されたエッセイをまとめたもの。
春の全宝物点検、秋の正倉院展の話題を中心に、修理・復元・模造にかかわる作業の様子が語られる。
華やかな正倉院の表舞台を支える、知られざる裏方のエピソードが満載だ。

「宝物第一、『ひと』は二の次」ということばが印象的だ。
唯一無二の宝物を扱う作業にマニュアルはなく、ひとつひとつ経験を積んで覚えていくしかない。
「繰り返されること、あるいは、繰り返し見ることで、少しずつ、少しずつ染み込んでいくもの。この積み上げが貴重なのだ。安全に宝物を扱うことができたとき、その動きは、無駄なものがそぎ落とされ、結果的に洗練されたものに見える。逆ではないよ。上手な扱いを狙うと、碌なことにはならないよ……」(98頁)

 建物自体が国宝である正倉院そのものに、宝物は保管されていない。
現在の収蔵設備は昭和30年代の建物で、かれこれ50年前のもの。
かなり古いな、という印象だが、著者によれば「千二百余年過ごした倉を離れてようやく新しい倉に慣れてきたといえる」ということになる。
「正倉院時間」とでも呼ぶべき、百年単位の時間の流れがここではリアルなのだ。

 悠久の正倉院時間と秒刻みの現実時間を行き来する著者らの苦労を思うが、そんなことをも楽しんでいるかのようだ。語り口はユーモアにあふれ、実に軽やか。ちょっと硬い話もスイスイ読める。

 正倉院展出陳品の選定を「献立」に例えているのは面白い!
「その年その年の『旬』の素材」を意識している、と語る。
文書の場合、とくに「栄養バランス」に留意する、そうである。

 折りしも、秋、正倉院展の季節。
本書と共に、悠久の正倉院時間を体験してみてはいかがだろう。

(ビーケーワン投稿 2011.11.08 793字)


正倉院って皇室のものっていうイメージですが、東大寺の倉(正倉)なんですよね。
東大寺大仏殿裏手の正倉院へ続く小道、あの道、好きなんですよ!ひっそりしてて。
前に訪れたときは、午後3時過ぎで、日が少しずつ傾くなかをのんびり歩きましたっけ。
この本を読んでいる間、ずっとあの小道を歩いていたような気がします。
なかなか行けないけど、すぐ行ける。読書っていいね♪




 
(求龍堂・2011.09)

江戸琳派はけっこう好きで、ある程度知っているつもりでしたが…。
この本を見て、びっくり。
こんなにいろんな様式があったなんて!
酒井抱一の破天荒な人生もスゴイです。まさに事実は小説より奇なり、です。

以下、ビーケーワンに投稿した書評です。



 名門大名家の次男坊で、書画や俳諧、狂歌の才に秀でた粋人。
デザインした調度品は、ブランドとして江戸っ子に大人気。
尊敬する先達、尾形光琳100回忌の法要や展覧も成功。
晩年は吉原の名花魁を落籍せて仲良く暮らし、たくさんの弟子に囲まれて大往生。
アーティストでありデザイナーでありイベントプランナーであり、生活の達人。
お江戸ライトノベルのキャラクターだろうか?
ところが、実在の人物、酒井抱一(さかいほういつ・1761-1828)なのだから恐れ入る!

 本書は26.7㎝×20.2㎝×3.8㎝、505頁の堂々たる大型本。
抱一生誕250周年記念の展覧会の図録であり、300点以上の作品の図版と解説が収録されている。

 江戸時代初期に尾形光琳、俵屋宗達らが京都で築いた琳派様式。
江戸琳派は、従来、その流れの一部として紹介されることが多かった。
先達のリメイク、リバイバルというイメージがあり、評価が難しい面があったように思う。

 本書を読み進めて行くと、琳派的な画風は、抱一および江戸琳派の、ほんの一面であることがよくわかる。
仏画やリアルな細密画など、さまざまな主題に作風、ほかの文化人との共作の数々。
「ヒポクラテス像」にはオランダ商館長のドゥーフが江戸参府の折に賛を寄せている。
あまりの多様さ、貪欲な興味に感心するというよりは、あきれてしまうほどだ。

 図版解説はすべて書き下ろしで、最新の研究成果が反映されている。
抱一の後継者たちにも多くの紙面がさかれている。
注文主や制作時期など、作品の背景を知る手掛かりとなる箱書きや書状も掲載されていて興味深い。
しかし、これで集大成というわけでもないようだ。
今後の研究が待たれる、紙面が尽きて論じきれない、といった表現が多いのだ。
新出資料もまだまだ期待できるだろう。
美術史研究のダイナミズムを感じる。

(ビーケーワン投稿 2011.11.06 785字)


酒井抱一ふたりいた説、いや、さんにんいた説、なんていうのを唱えたくなるほど、多作多彩。
日本史上、やりたい放題、好きなように生きた人の番付とかあったら、上位確実。

作品には北欧デザインかな?って思うほど、斬新なものがあります。
空間表現とか柄と柄を合わせのセンスとか、実に洒脱。

どんどん新出資料が出てきて、研究が進むというところがまた、江戸琳派の面白いところ。
今後も楽しみです♪




 
(木楽舎・2011.08)

ビーケーワンに投稿した際、タイトルを「フェルメールってどこがいいんだろう?という方にこそオススメ!」としました。それは、実はわたしのことです!

美術ファンを気取りたいのに、フェルメールがわからないのはマズイだろうと、長年秘かな懸案事項となっていました。
ホンモノを見ればわかるかも?と2008年夏、東京都美術館で開催された「フェルメール展~光の天才画家と デルフトの巨匠たち~」にも足を運んだのですが…。ワカラナイ。

この本を見つけたときは嬉しかった!
フェルメール×福岡伸一さん。これできっと解決する、と確信しましたね!

以下、ビーケーワンに投稿した書評です。


 美男も美女もいない。場所はいつも同じ狭い一室。ごく日常の風景。特別なことはなにもない。
それなのに、フェルメールは絶賛される。その秘密を知りたくて本書を手にした。
生物学者である著者が、美術をどう語ってくれるのだろうか。

 フェルメールの実作品と相対するために、著者はオランダ、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツをめぐる。
だが、すぐには美術館に向かわない。鑑賞後もまっすぐ空港へは行かない。
そこで出会うフェルメール作品と、その土地ゆかりの科学者(版画家や作家の場合もある)のエピソードをからめつつ、著者の脳内で広がる想像の輪は、街歩きをして初めてひとつに結ばれて行く。
行ったことがない、アメリカの大都市やヨーロッパの小さな街のイメージがぐんぐん立ち上がってきた。
光の彩度、吹く風の湿り気や土の匂いさえ、感じられるような豊かな表現が素晴らしい。
本書は美術書であるとともに、実に魅力的な紀行文なのだ。
例えば、ニューヨークと野口英世とフェルメール。一見、関連が見当たらないこの3つのポジションは著者によって時間も空間も越えた見事な物語を紡ぎだす。
訪れる先の都市で街で、著者は次々とこんな離れ技をやってのける。

 著者が実見した作品のすべての写真が掲載されている。それはよくある美術図版ではない。
額縁ごと、壁の装飾ごと、ときには鑑賞している著者や学芸員も写り込んでいる。
日本の美術館とはまったく違う、個人の居間に飾られているような自由な展示方法に驚いた。

 もちろん、フェルメールの魅力を生物学者ならではの視点で解き明かしてくれる。
フェルメール作品の理解には「光」と「時間」がキーワードになる、という。
『窓辺で水差しを持つ女』(メトロポリタン美術館)には、こんな一文を寄せている。
「鮮やかな青い着衣とテーブルクロスの赤。窓から入る光が金属の水差しを光らせる。その一瞬を“微分”することに成功した、もっともフェルメールらしいフェルメール作品。(中略)私がここでいう“微分”とは動きの時間を止め、その中に次の動きの予感を封じ込めたという意味である」

 著者が「光のつぶだち」と表現する細かな点による光の描き方、絵具を実際に盛り上げているという布のドレープ、宝石から作られる貴重な絵具ウルトラマリンブルーのはっとするような美しさ。
小さな作品が多いこともあり、それはありきたりの図版ではとうてい確認できない。
観るものに親密な関係を要求し、その機会を得た幸運な者のみにそっと心を開くのだ。
アメリカの、ヨーロッパの、展示方法は正しい。
ようやくフェルメール理解の扉の前に立てただろうか。まだまだ先は遠い。

 フェルメールと同じ年に生まれ、同じ町に暮らした「光学顕微鏡の先駆者」レーウェンフックとの交友を想像する最終章はミステリー小説のようで、ぞくぞくするほど面白かった。
フェルメールの絵の中に、当時の最先端の科学が内包されている(かもしれない)なんて!

 17世紀オランダの小さな街に生まれ育ってそこで生涯を終えた画家。だが、その画家が生み出した絵は海を渡り世界中の人々を魅了する。そして、画家の絵に導かれて世界を旅した著者。
フェルメールと現代生物学者の幸福な出会いがもたらした、なんとも嬉しい一冊だ。

(ビーケーワン投稿 2011.10.24 1366字)

 
この本は、全日空の機内誌に連載されていたのをまとめたそうです。
あの、前の座席の、あみあみのところに通販の雑誌と一緒にあるのですよね。
雑誌の意図と内容がピッタリすぎる…。
期待された要望にしっかり応える、福岡伸一さん、スゴイ。
海外旅行がまるで好きではないわたしも、異国を旅してみたくなりましたもの。
文章もうまいし…特に風景の描写がうまい!どうなってるんだろう?生物学者なのよね?

前に、ETV特集で福岡伸一さんがカズオ・イシグロのインタビューしてたのを見ましたが、すごく的確な質問をして、いい話を引き出していて印象的でした。
福岡伸一さん、これからも要チェックです!

フェルメールのこともちょっとわかった、かな?
わかりにくいということがわかった、という段階ですけど。

収蔵館によって修復の考え方に違いがある、ということも面白いです。
描かれた当初の状態にできるだけ戻そうという立場と今のままを維持しようという立場と。
どちらもいいと思う。多様であって欲しいです。
あ、ドロボーに盗まれたままの作品があるそうなんですよ!返して~。




 

ただいま更新を休止しております。
ご用の方はこちらまでどうぞ。
お名前と件名を明記くださいますようお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

導在 あわい

Author:導在 あわい
ドーザイ アワイ と申します。
ワケあって時間がたっぷり。いつかは読みたいと願っていた名作の数々…いますぐ、読むことにしました!
名作以外もどしどし読む予定。
楽しい読書録を目指します。

日本の名作 (20)
古典 (3)
明治の名作 (5)
大正の名作 (3)
昭和の名作 (8)
平成の名作 (1)
一般書 (40)
美術 (10)
歴史 (19)
文章修業 (2)
名作のほとり (3)
そのほか (6)
文学の旅 (2)
博物館&美術館 (7)
栞を挟んだら*読書小話 (20)
日本の名作 リスト (0)
はじめまして (3)
未分類 (0)


TRCブックポータルに書評を投稿しています(2013.01~)。
ハンドルネームは*導在あわい*です。
「TRCブックポータル」は2016.03をもって運営終了されました。

******************************



また、2012.12までの書評は書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】(旧;オンライン書店ビーケーワン)でも閲覧可能です。
当時のハンドルネームは*辰巳屋カルダモン*です。
     ******************************

tetu_bn_232.jpg
書評の鉄人*に選ばれました。
bk1-00232(2011.08.19付)
* 第297回 書評の鉄人列伝 で紹介されました(2011.09.30付)。

自分なりのルールを考えました。
こちらをご覧ください!


このブログをリンクに追加する

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 名作文学いらっしゃいまし, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。